日本地区文化:北海道有别于日本的6个地方

作者: 东经日语  luxiang | 发布时间:2017-09-23
23
09
2017

  每一个国家都有自己独特的文化,在这国家中可能相邻很近的两个国家也有很大的文化差别。今天苏州日语小编就拿日本比较出名的一个城市:“北海道”,给大家介绍一些不常见的日本地区文化吧!

  日本地区文化之北海道,我和日本的一样!

  1、冬はベビーカーではなくソリを使用

  冬天不用婴儿车用雪橇

  雪がいっぱい積もる北海道ではベビーカー をまともに押せないため、ソリ に子供を乗せて移動することもあるのだとか。

  积雪的北海道因为不好推婴儿车,所以让孩子坐在雪橇上来移动。

  2、キツネは怖い生き物

  狐狸是可怕的生物

  北海道民にとってキツネは怖い生き物。それは命にかかわるレベルのヤバイ寄生虫 を持っているからなのです。

  对于北海道人民来说狐狸是可怕的生物。那是因为(狐狸)身上有关乎性命的可怕寄生虫。

日本北海道-苏州日语-日本地区文化

  3、コンビニは「セイコーマート」一択

  便利店只有“Seicomart”

  北海道で最も親しまれているコンビニエンスストアはセブン-イレブンでもファミリーマートでもなくセイコーマートです。セイコーマートの名物は何と言っても100円のパスタ。

  北海道的人最熟悉的便利店既不是7-11也不是全家,而是Seicomart。Seicomart的招牌商品是100日元的意大利面。

  4、北海道ご当地キャラメルは食べない

  北海道当地人不吃奶糖

  北海道土産の定番に北海道の特産物のキャラメルがありますが、北海道民は食べません。むしろ 存在を知りません。

  人们印象里北海道的经典特产中的牛奶糖,北海道人是不吃的。倒不如说他们不知道有奶糖的存在。

日本北海道-苏州日语-日本地区文化

  5、冬場は腰を痛める人が大量発生

  冬天腰痛的人很多

  毎日雪かき をしなければならないので、必然的に腰を痛めてしまうわけです……。

  每天必须铲雪,所以一定会导致腰痛......。

  6、ゴキブリを見たことがない

  没看见过蟑螂

  北海道にはゴキブリが生息していません。一度も見たことがないという人がほとんどなのです。そのため旅行先などでゴキブリを見かけると、怖がったりビビったりせず大喜びをする人も多いのだとか……。

  北海道没有蟑螂。大多数人是一次都没见过(蟑螂)。因此在旅游地等发现蟑螂的话,(北海道人民)不会觉得害怕而是很欣喜,这样的人很多……。

  在后期的文章推送中,苏州日语小编会多整理一些日本地区文化方面的内容,毕竟枯燥的日语语法和密密麻麻的日语单词,同学们已经看够了! 

关键词:日本地区文化



延伸阅读:
相关新闻