日本文化:“业界传奇”无印良品为何在中国失败了?

作者: 东经日语  luxiang | 发布时间:2018-04-23
23
04
2018

  2018年4月10日、中国サイトの創業邦は、なぜ無印良品は中国市場で失敗したのかについて分析する記事を掲載した。

  2018年4月10日,中国的网站创业邦上,刊登了一篇分析无印良品为何在中国市场上失败的文章。

  記事は、無印商品はかつて「業界の神話」だったと紹介。「2001年には10億円以上の赤字を出していたが、今では1410億円以上の黒字になり、日本の小売業界の神話となっている」と伝えた。

  该文称无印良品曾经是日本的“业界神话”。“2001年虽出现超过10亿日元的赤字,现在却已转为超过1410亿日元的盈利,成为了日本零售业界的神话。”

无印良品在中国失败的原因

  しかし、「この小売業界の神話も、中国市場では決して順調ではない」と指摘。昨年から無印良品は何度も値下げを繰り返しているが、中国人消費者の心はつかめていないという。

  然而,“曾经创造零售业神话的无印良品,在中国市场上却难以顺风顺水。”从去年开始,无印良品虽然多次降价,却仍然无法抓住中国消费者的心。

  その理由について記事は、「もともと無印良品は『安くて質が高い』ことを売りにしていたが、中国市場に進出した際には、『高くて質が高い』になってしまったとにある」と分析。しかし、いまでは無印良品に似たブランドが次々に出現。「名創優品」はその一つで、日本的な設計やデザインであるものの、無印良品より安い価格で大人気となった。

  文章分析,其原因是“无印良品本以便宜质优为卖点的,在进入中国市场时,却成了昂贵质优。”而且,现在有不少与无印良品类似的品牌接二连三地出现,如“名创优品”便是其中之一,商品也采用日式设计,却比无印良品便宜许多,受到了消费者的欢迎。

无印良品在中国失败的原因

  また、「網易厳選」はもともと無印良品の代理製造をしていたため、品質は基本的に無印良品と同様だが、価格は半分ほどというコストパフォーマンスでやはり人気となった。さらに小米も「小米有品」ブランドをリリース。無印良品のようなシンプルなデザインと庶民に優しい値段で攻勢を強めたほか、アリババも「淘宝心選」という同様のブランドを出したことが無印良品にとって打撃になった分析した。

  另外,“网易严选”作为无印良品的代理制造商,品质几乎与无印良品一样,价格却不到它的一半,自然也是收获了不少人气。还有小米也推出了“小米有品”的品牌。阿里巴巴也强势打造出如同无印良品那样设计简单、价格优惠的“淘宝心选”品牌,对无印良品来说无疑是巨大的打击。 

关键词:日本文化

相关新闻