商务日语口语中哪些敬语最容易弄错!

作者: 东经日语  luxiang | 发布时间:2017-07-28
28
07
2017

  在商务日语口语的学习过程中,敬语是我们初级日语语法学习阶段所遇到的重点、同时也是难点!虽然很多同学对日语敬语的表达方式已经烂熟于心,可是实际应用中,总是不知不觉的就犯下了敬语使用的大忌。今天苏州日语学校就把商务日语口语使用过程中的常见问题列举出来,希望能给大家一些帮助!

  1、商务日语口语:避免双重敬语

  【错例1】「社長は何をお召し上がりになられますか」→「社長は何お召し上がりになりますか」

  【错例2】「社長は何とおっしゃられましたか」→「社長は何とおっしゃいましたか

  如上例,「何をお召し上がりになられますか」中,在敬语动词「召し上がる」的基础上又加上了「お~なる」,变成「お召し上がりになる」,再加上「~られる」,最后变成「お召し上がりになられる」,而在日语里并非没有这样的说法。而这种它往往给人一种奇怪的感觉,很难给对方留下好印象。

商务日语口语-苏州日语学校-苏州东经日语

  2、商务日语口语:对自己一方的人不使用尊敬语

  【错例3】「申し訳ございません。田中さんはただ今席を外しています」→「申し訳ございません。田中はただ今席を外しております」

  【错例4】「当社の社長さんが木村さまによろしくとおっしゃっていました」→「当社の社長が木村さまによろしくと申しておりました」

  在日语中,和客户对话时,自己公司的人无论是同事还是社长,全部都不能用尊敬语。特别是在和公司外的人谈话时,连“社长”都要舍弃。

  【正解】

  取引先:田中社長はいらっしゃいますか。

  秘書:申し訳ございません。田中はただ今外出しております。

  3、商务日语口语:向上司转达时容易出现的错误

  【错例5】「課長、社長が呼んでいます」→「課長、社長がお呼びです」

  【错例6】「社長、課長が至急お目にかかりたいとおっしゃっていました」→「社長、課長が至急お目にかかりたいと申しておりました」

  【错例7】「課長、A社の担当者がよろしくと言っていました」→「課長、A社の担当者がよろしくとおっしゃっていました」

商务日语口语-苏州日语学校-苏州东经日语

  上面两个例子虽然是公司内部的两个转达,但是身份、地位的上下关系必须区分清楚。错例5中,「課長、社長が呼んでいます」是对社长完全没有敬意的说法,在这里必须使用「社長がお呼びです」。

  错例6中,课长、社长都是上司,于是向社长转达课长的话时,不能使用敬语形式「おっしゃっていました」。把课长的传话转达给地位高于课长的时候,要使用谦逊形式「申しておりました」。

  错例7是向其他公司的负责人传达上司的场合,虽然对方只是个普通职员,但是必须要采取敬语形式「おっしゃっていました」。

  4、商务日语口语:敬语不统一会让人感觉不自然

  【错例8】「社長、何時ごろ、お迎えにいきましょうか」→「社長、何時ごろ、お迎えにまいりましょうか」

  【错例9】「社長はお目にかかれないと言っています」→「社長はお目にかかれないと申しております」

  上面的例子虽然看不出有什么错误,但是却总觉得哪里不自然。句中的「お迎え」表示的是自己的行为,所以在“去”的词语上也应该使用「行く」的谦逊语形式「まいる」。在谈话中不要忘记文体应该前后统一。

  想提高你的日语能力,可以报名苏州东经日语学校的日语培训班,目前开设有商务日语班、日语口语班、日语考级辅导班等,针对各级别的学员开展有针对性的培训。你还是等什么,赶快加入我们把! 

关键词:商务日语会话