东经日语咨询热线0512-67723999
东经日语,您身边的日语培训机构

使う人の性格も表す「自分」の言い方

返回列表 作者:东经日语 luxiang 发布日期:2016-04-12

  日本語には、自分のことを表す言葉がたくさんあります。性別や年齢、話す相手や場面、時代や地域によって種類はさまざま。現代では、一般的に、男性は「ぼく」「おれ」「わたし」、女性は「わたし」「あたし」を使う人が多いようです。

  どんな言葉を使うかは、ドラマのセリフや小説などでは主人公のイメージを決める要素としても重要。作家・村上春樹は、アメリカ小説の翻訳で、主人公に「わたし」と「ぼく」のどちらを使わせるかで、とても悩んだ、とエッセーに書いています。

  4月は新しいテレビドラマも始まる時期。どんな言い方が使われているか、注目してみるのも面白いかもしれません。

  「自分」を指す言葉、使い分けいろいろ。

  ・ せっしゃ(拙者):時代劇で武士や侍が使う。現代では使わない。

  ・ わし:主に年配男性が使う。

  ・ わたし:女性がもっとも一般的に使う。男性も改まった場面で使う。

  ・ あたし:主に女性が使う。「わたし」より口語的。

  ・ ぼく、おれ:主に男性が使う。「ぼく」より「おれ」のほうが少し乱暴な感じ。最近、女子高生がわざと「おれ」を使うこともある。

  ・ わたくし:男女とも使う丁寧な言い方。取引先の人や目上の人に使う。あるいは改まった場面で使う。

  ・ 自分:警察や運動系のクラブなどに属する男性がよく使う。 

咨询热线

0512-67723999
文章标签
日语学习
相关推荐